山川せいこう 写真研究室

22042
山旅での写真
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

いて座とさそり座 pulsar URL

2018/06/17 (Sun) 18:03:10
*.dion.ne.jp

6月17日は御池駐車場で仮眠していると予想外に満天の星空になりました、ISO6400で35mmF2.8で15秒でこれだけ写るとはびっくりでした、ガイドすればもっとノイズが減ったでしょう。

Re: いて座とさそり座 やまかわ

2018/06/17 (Sun) 21:53:20
*.t-com.ne.jp

 向かって右にアンタレス、天の川中心部にある明るいのは土星でしょうか。梅雨とはいえ一時晴れ間があったんですね。
 赤道儀で、中望遠で撮りたかったですね。次の機会にはお願いします。

私も今日は先ほどまで晴れ間がでていたのでオートガイドのテストをやってました。雲が出てきたのでM天体は無理でしたがスピカ周辺では3分までOKでした。操作にもかなり慣れたので次の晴天が楽しみです。

Re: オートガイド pulsar URL

2018/06/18 (Mon) 05:42:00
*.dion.ne.jp

気温4度にはびっくりでしたが天の川の写りにびっくりです。オートガイドのテスト結果楽しみです。

続 オートガイド やまかわ

2018/06/14 (Thu) 12:03:44
*.t-com.ne.jp

昨夜の晴れ間に何度目かのオートガイドのテストをやりました。今回はQHYCCD社のCCDカメラとPHD2ガイドソフトとの組み合わせです。さすがに世界的に定評のあるオートガイド用ソフトだけにほぼ満足できる結果でした。撮影条件は 630mm F5.6 ISO100 3分の露光で明るい星はスピカです。

PC不要のエムゲンはノイズが多くてガイド星がうまくとらえられません。また、操作画面が小さく、英語表記で文字も小さく暗い中では操作に時間と疲労が嵩みます。ガイド星がうまく捉えられないのはおそらく空の明るさのせいでしょう。

QHYCCDのカメラとステラショットの組み合わせではガイド星はよく写りますがソフトの操作が煩雑でパラメーターの設定も多岐にわたります。ステラショットでのガイドの結果はガイドなしの方が星の流れは少ないという結果でした。620mm 30″の露光ではガイドなしで星像は流れませんが、この組み合わせのオートガイドを使うとノータッチの時よりも成績が悪く、星が流れて写ります。設定項目が多いのはガイドが不調の時のクレームに対する言い訳にはなるでしょうが、ユーザーサイドに立ったもの造りとは到底言えませんね。そういう印象を持ちました。


PHD2は協栄産業で提供してくれるCD情報をPCにインストールしておけば日本語の画面で操作できます。ガイドの画面も非常にシンプルで扱いやすいです。
天体撮影では購入して使ってみなければわからないことが多くて大変ですが何とか大きな課題がひとつ解決して大いに満足しています。

オートガイドで東京郊外の撮影で問題になるのはSN比が低い空でも星が写るというカメラの感度と、ガイドソフトとのマッチングが重要と思われます。

Re: 続 オートガイド やまかわ

2018/06/14 (Thu) 12:09:00
*.t-com.ne.jp

スピカ周辺に続いて撮ったM4です。露光は1分、ISO400で他は前の写真と同じ条件です。いずれもトリミングしています。

ステラショットのオートガイド機能については不満だらけで、あんなものに付き合った時間が惜しくて大変腹立たしい思いです。後発である分、ソフトの作り方に相当無理があるのでしょうね。また、この製品ではカメラコントロールや天体自動導入の機能がついていますが、通常の一眼レフカメラ+タイマーレリーズとビクセンStarbook 10の導入機能があればそれで必要かつ十分で、全く余計なお世話なわけです。自動導入機能のない赤道儀であればそれを中心に利用する方法もあるかと思いますが、少なくともビクセンStarbook 10シリーズの赤道儀には無用の長物です。アストロアーツ社も他のソフトには利用できるものもありますが、ステラショットに限っては大いにミスショットでしょう。

ガイド撮影の失敗と対策 pulsar URL

2018/06/03 (Sun) 19:10:31
*.dion.ne.jp

本日は色々と勉強になりました、妙義山天体写真で検索するといくつか場所が出てきました。今度トライして見ます。

この方のホームページにオートガイドの記載がありましたが、このページ読んだことありますか。

http://ryutao.main.jp/tips_howto12.html

----------
明るい星を使いすぎる

1等星などの明るい星を使ってオートガイドしていると、ガイドエラーは少ないのに、撮影画像では星が流れていることがあります。 これは、ガイド星が明るすぎるためオートガイダーのCCDが飽和してしまい、追尾の僅かなズレをオートガイドダーが上手く検知できていないためです。

対策:ガイド鏡の口径や焦点距離にもよりますが、3等星以上の明るい星は、ガイド星になるべく使わないようにしましょう。 眼視ガイドでしたら明るい星でも大丈夫ですが、オートガイダーでは、ピクセルごとの明るさの変化を読み取り、 それを移動信号に変えて赤道儀を動かしています。 星が明るすぎると、その星の輝度信号が何ピクセルにも渡ってしまって、上手くガイドできない原因となります。
------

Re: ガイド撮影の失敗と対策 - やまかわ

2018/06/12 (Tue) 19:12:58
*.t-com.ne.jp

junさん 投稿有難うございます。本日多摩テレビからNTTへの回線変更工事が完了してネットにつながりました。

明日は天気が良さそうなのでオートガイダーをまたトライしてみたいと思っています。

結果をまた投稿してみます。

天体撮影の行動計画がありましたらメールくださいね。

おおいぬ座 pulsar URL

2018/05/26 (Sat) 22:58:50
*.dion.ne.jp

以前撮影した、おおいぬ座とM41(散開星団)です。100mmで撮影するとM41の位置関係が良く分かります。

Re: M41 やまかわ

2018/05/27 (Sun) 10:59:00
*.ttv.ne.jp

 シリウス近くの小さな蜂の巣ですね。
 
天体望遠鏡とカメラレンズの違いは? 前者では中心部の領域がよりシャープに映るということは巷間いわれているようです。反面、周辺の光量低下が目立つということで、フラットナーで補正することになるそうですが。カメラレンズでは写野全体の光学性能が平均化されているようですね。他に違いはあるのでしょうか?。このあたりの詳細な記述はネット上では検索できないようですが。

星雲星団撮影 pulsar URL

2018/05/27 (Sun) 13:08:44
*.kddi.com

これまでの撮影した写真を見せて頂いた限り、追尾精度の問題なのか、ピント合わせの問題なのか、レンズ保持の問題なのか、判定が出来ないからです。

満足したピント(星像)はNIKKOR 300mm F4 PFだけと感じます。一概には言えませんが望遠レンズは周辺部まで画質が均一ではなく、周辺光量低下もありますのでカメラ側で補正されていませんか。広角レンズの周辺性能と望遠レンズの周辺性能は大きく違っています。

望遠鏡のフラットナー(レデューサー)使用は望遠レンズと同様な周辺性能向上が目的ですが、焦点距離も開放Fno変わります。それでも写真レンズは天体写真に不要なAF機能や防振機能は価格アップとなってしまっています、望遠レンズの性能(コントラスト)を決めるのは軸上色収差の少なさで天体望遠鏡の使命です。

またピント精度もとても重要でそれに関しては写真レンズでは繰り出し量の変化が大きすぎます。これに関してはビクセンのVSD100F3.8を参考に願います。

コンパクトな望遠レンズは便利ですが本格的な星雲星団の撮影には不向きなのです、300mm程度であれば写真レンズでも可能でしょう。今後撮影される星雲星団は焦点距離何mm程度と考えておりますか。反射望遠鏡は基本的に軸上色収差が発生しませんので、焦点距離が長くなると望遠レンズ(屈折望遠鏡)では限界です。

M4 やまかわ

2018/05/22 (Tue) 16:48:19
*.ttv.ne.jp

D500改 AF-S NIKKOR 300mm F4 PF ED→F4

露光2分×3コマ ISO100 SXP赤道儀でオートガイダーなし。

RAW画像をCapture NX-Dでコントラスト、シャープネスなど

を調整後 Tiff に変換。ステライメージ8でコンポジット。

トリミングありです。

M8 M20 やまかわ

2018/05/22 (Tue) 19:14:44
*.ttv.ne.jp

いて座の星雲M8とM20です。

D500改で撮ってます。光害カットフィルター使用です。

Re: M4 pulsar URL

2018/05/22 (Tue) 20:09:39
*.dion.ne.jp

M4、M8、M20はなかなかきれいで赤い色も出ています、もっと露出を加えることが可能であれば暗黒星雲もはっきりするでしょう。とてもシャープな星像です。

NIKKOR 300mm F4 PFを持っているのですか、一般撮影では位相フレネルの影響のボケやゴーストがちょっと気になります。

オートガイダー やまかわ

2018/05/23 (Wed) 09:47:46
*.ttv.ne.jp

QHDY ccdのガイドカメラとスコープ、ステラショットの組み合わせでキャリブレーションをようやく済ませました。300mm F4に1.4×のテレコンバーターをつけてD500で試写してみましたが、露光2分までは実用に耐えるようです。それにしてもこのくらいの焦点距離(35mm版換算で630mm)ではカメラブレに相当気を使わないと、一瞬、機器に触れただけで大きく星が流れてしまいます。要注意です。

カメラ保持 pulsar URL

2018/05/23 (Wed) 20:51:48
*.dion.ne.jp

以前から気になっていたのですが、SXP赤道儀にカメラとレンズはどのように固定されているのでしょうか。撮影中に動いている可能性はないですか。

NIKKOR 300mm F4 PFはコンパクトですが2点支持が理想です、三脚座ともう1箇所はカメラの三脚穴位置は近すぎると思います。その場合はレンンズ先端を保持すれば安定します。

Re: カメラ保持 やまかわ

2018/05/24 (Thu) 11:19:25
*.ttv.ne.jp

 ビクセンのプレートホルダーSXにKyoeiのアリガタプレートでとりつけています。300mm F4+D500の横にファインダー代わりの50mmF1.4+D7200,オートガイダースコープを並べてとりつけています。このプレートでは前後の幅が短かく前のめりになります。ビクセンのマルチプレートDXだと前後左右にねじ穴が豊富になるので早速発注します。カメラレンズは三脚座がついていてもねじ穴はひとつのものが多いですね。固定には苦労します。
手持ちのニコン70-200の三脚座にはねじ穴が2個あるのですが。レンズ先端の保持も考えてみます。いつも貴重なアドバイスに感謝しています。

 写真は以前使っていた赤道儀セレストロンAVXで撮ったM42です。珍しくガイドミスが目立ちません。200-500mmレンズに2×テレコンバーターをつけてテレ端で撮っています。35mm版換算で1500mmです。5枚のコンポジット。オートガイドなしです。F11,1分の露出でISO640です。画像の処理に不慣れでもう少し星雲内部の階調を表現するのが課題です。星雲内部の明暗差が多い被写体なので露出を変えて撮ったものをコンポジットするといいようですね。

撮影システム pulsar URL

2018/05/24 (Thu) 21:10:42
*.dion.ne.jp

天体写真は光学性能(特に軸上色収差)が重視されますのでテレコンは使用しない方が良いと思います。また望遠ズームを色々とお持ちですがNIKKOR 300mm F4 PFに機材を固定してまず色々な星雲星団撮影するのが良い思います、自分の写真でファインディグチャートを作ります。

その後にタカハシ望遠鏡で撮影して見てはいかがですか。機材をしっかり固定することが重要です。望遠ズームはズームリングやフォーカスリングをしっかり固定しないとズレてしまいまして画質低下の原因になりますので不向きです。

そうすれば画像処理条件も一定になると思いますし、赤道儀の極軸合わせに関してスキルアップ状況が把握出来ます。

アンタレスとM4 やまかわ

2018/05/20 (Sun) 10:57:20
*.ttv.ne.jp

D500IR改 300mmF4 絞り開放 ISO100 1分×2 加算平均コンポジット

ポールマスターにより極軸合わせをしたSXP赤道儀を使用

オートガイドなし

露出2分までは星像の位置ずれなくとれていますが、3分では ずれました。

M4 やまかわ

2018/05/20 (Sun) 11:05:42
*.ttv.ne.jp

球状星団M4です。上の写真をトリミングしたものです。いずれもコンポジット画像です。ガイドミスが多くてなかなか多数の画像をコレクトできませんが、それでもまともな画像を少数でもコンポジットするとS/Nがあがって南多摩の夜空でもなんとか、それらしく写ってくれます。PCで画像をクリックしてさらにCtrlと+キーで拡大して見てください。

ステライメージ8 やまかわ

2018/05/20 (Sun) 11:18:56
*.ttv.ne.jp

コンポジット中心に自動化したSI8ですが、どうもRAW画像では肝心のコンポジットがうまく作動できず、Tiffに変換したうえで使用しています。モノクロのFits形式でのハンドリングが推奨されていますがFitsからのカラー現像がこれも全くうまくいきません。

昨日はQHYのオートガイダーをトライしてみましたがこれもまだ使いこなせていません。スキルアップする余地大いにありです。

Re: アンタレスとM4 pulsar URL

2018/05/20 (Sun) 21:06:37
*.dion.ne.jp

ガイドミスはないようですね、画像が暗い理由はありますか。露出は30程度

もう少し明るくならないのでしょうか、これでだけM4が写っていれば問題ないでしょう。

望遠鏡やカメラレンズの位置に寄ってガイドのズレの方向が変わっていませんか、機材のたわみもあると思います。

Re: M4 やまかわ

2018/05/21 (Mon) 13:06:48
*.ttv.ne.jp

少し明るくしてみました。もっと解像度の高いレンズで撮ってみたくなります。

Tokyoの空では光害カットフィルターの効果が高く、それなしに比べかなりコントラストの高い画像になります。望遠鏡を使用する場合は接眼側にフィルターをつけるのでしょうか?。オートガイダーがうまく使えるようになったらタカハシの鏡筒を、と思っています。

望遠鏡の場合 pulsar URL

2018/05/21 (Mon) 21:44:48
*.dion.ne.jp

望遠鏡はカメラ側に光害カットフィルターを付けると思います。

絞り開放 ISO100 1分では元々露出不足のように思います、写真レンズはやっぱり単焦点レンズ(300mmF4)がベストだと思います。

さそり座頭部 pulsar URL

2018/05/13 (Sun) 10:14:49
*.dion.ne.jp

タカハシPM-1の実力確認の為に久し振りに天体写真の撮影に出来かけました。御荷鉾スーパー林道は夕方から雲が広がり雲の切れ間を狙ったので思うような撮影は出来ませんでした。

今回は90mmF2.8→F4.0でISO1600(色温度4000K)にて15秒露出で撮影しました、さそり座頭部のアンタレスとその直ぐ斜め下にM4も写っています。

夏の天の川は南中を過ぎる7月以降が光害の影響も少ないでしょう、いて座も撮影したかったです。小型赤道儀なのでセットは簡単ですが星が多くて極軸望遠鏡での北極星合わせに迷ってしまいました。

Re: さそり座頭部 やまかわ

2018/05/13 (Sun) 18:09:19
*.ttv.ne.jp

M4天体というのはアンタレス近く、視等級5.2の比較的明るい球状星団ですね。天候のいい日にこちらも撮ってみたいです。

ポラリスも暗い空ではかえってわかりにくい存在なんですね。
御荷鉾林道というのは群馬県でしたっけ?。あらふね山の近くですか?・

Re: 御荷鉾スーパー林道 pulsar  URL

2018/05/13 (Sun) 22:26:37
*.dion.ne.jp

御荷鉾スーパー林道は群馬県の鬼石町の先で、御荷鉾山があります。

自宅から遠いですがなかなか暗い場所です、奥日光の三本松も良い撮影場所です。

タカハシ PM-1 pulsar URL

2018/05/07 (Mon) 05:23:06
*.dion.ne.jp

現在持っている赤道儀は観望と300mm以上の撮影に使用していますが、年齢的に重く感じるようになりました。(以前持っていたタカハシP-2は龍宮小屋で頑張っています。)

ポータブル赤道儀では今後小型望遠鏡を使用するのは難しいので20年以上振りに赤道儀を購入しました。三脚やバランスウエイト、マッチプレート(写真レンズとガイド鏡)は以前から持っていたものです。日食撮影用に準備しましたが20年以上使用していなかったので何とも懐かしい思いです。

この赤道儀であれば200mmまではしっかり極軸を合わせればガイドミスはないでしょう、300mmもテストして見たいです。

Re: タカハシ PM-1 やまかわ

2018/05/07 (Mon) 16:15:50
*.ttv.ne.jp

PM-1は自重、搭載重量ともに5Kgですからとりまわしも楽で、短焦点の望遠鏡も余裕で乗りそうですね。

ポタ赤にしても300mmレンズ保障だとJilva 170があるようですが、PM-1とほぼ変わらない重さです。だとしたら赤緯軸標準装備のPM-1の方がいいですね。

星野撮影には贅沢な装備です。でもタカハシの製品は20年前の
装備がそのまま使えるわけですからこの点でも驚異的です。納得です。

どちらで購入されましたか?。支障なければご教示下さい。

Re: タカハシ PM-1 pulsar URL

2018/05/07 (Mon) 19:43:28
*.dion.ne.jp

以前にPM-1XYと言う赤緯モーター付きがあったようですが発売中止になったようです。

PM-1とPM-SPは基本的に海外遠征用に設計されているようです。自動導入は私には不要です、FC100程度の望遠鏡で観望も可能です。

ビクセンにすれば過去の資産は捨てるしかないです、木製三脚のアダプターが発売されているもの有難いです。中古品の望遠鏡は有限会社CATで東武アーバンパークライン「藤の牛島」駅下車です。

購入先はスターベース東京で以前から何度も出かけています。PM-SPにしようか悩んでいて最終決断はPM-1でした。

Re: タカハシ PM-1 やまかわ

2018/05/08 (Tue) 18:08:11
*.ttv.ne.jp

Shopの情報、有難うございます。

自動導入付赤道儀というのはセッティングと操作が面倒です。ベランダで夜間使用するにもモーターの回転音が相当気になります。
CD-1を使って天体の方位と高度をポーラーメーターで調整すると割合簡単に導入ができます。100ミリ程度の画角ではほとんど問題ありません。一般のカメラ撮影に慣れてきた人間には導入も機械任せでなく、自分でやりたくなりますね。

自動導入機能のためにモーターの高速回転化が進んだようですがその分、追尾精度が相当犠牲になっているのではないでしょうか?。PM-1はその点2倍速までのようですからその方面の心配はなさそうですね。

PM-1追尾テスト pulsar URL

2018/05/10 (Thu) 22:00:59
*.dion.ne.jp

本日の夜にやっと晴れたのでFC-50(400mmF8)に2倍バーローレンズ(ビクセンGA-4)を付けています。K9mmにて約90倍にて追尾テストです。

約5分のノータッチガイドで第二円内のズレしかないので問題ないです、極軸望遠鏡内に北極星が入ると自宅でも十分明るい印象でした。

これで今週末は夏の天の川でも撮影出来れば良いと思っています、天気も良さそうです。

自動導入機は使ったことがありませんが、極軸合わせの追い込みに尽きると思います。ガイド星を見ながらの3回目の極軸修正でガイドズレが止まりました、ほんの僅かの微調整です。

Re: タカハシ PM-1 やまかわ

2018/05/13 (Sun) 09:09:40
*.ttv.ne.jp

PM-1 狙いどうりの作動で良かったですね。

昨日は休前日だったので少しベランダにビクセンSXPを持ち出して頑張ってみましたが、極軸があっていないせいか、さんざんな成績でした。85mmレンズで30秒までの露出がやっとです。ポールマスターで合わせているいるはずですが、ポールマスターそのものの問題か、ポールマスターのカメラの取り付け位置の問題か、あるいは搭載重量が軽すぎたためか?。悩みは深しです。

いっそのこと内臓の極軸望遠鏡接眼部にデジタルカメラを取り付けてポラリスを見た方が早いのかな?とも思ったりします。こちらの明るい空では肉眼ではポラリスが見えにくく苦労が多いです。

ステライメージ8を導入して試用しています。7よりは自動化が進んでいるというふれこみですが、はたしてどうでしょう。結果は後日報告します。

Re: 極軸望遠鏡 pulsar URL

2018/05/13 (Sun) 11:01:39
*.dion.ne.jp

ビクセンSXPの極軸望遠鏡PF-Lなので6倍20mmで問題ない性能です、ポールマスターにも問題はないと思います。極軸は本当に合えばびっくりする程の精度です、必要なのは微調整機能があるかです。

理想的には極軸を合わせた後望遠鏡で明るい星を導入してガイド星のズレをチェックして微調整します。追尾テストを行わないと追い込みは無理です、過信してはいけないです。

Re: タカハシ PM-1 やまかわ

2018/05/13 (Sun) 18:00:18
*.ttv.ne.jp

追尾テストが重要ですね。南の赤道付近の恒星で方位、東の恒星で高度をチェックすればいいとビクセンのマニュアルにも書いてあります。

過去にも試してみましたがうまくいかずでした。

同じポールマスターによる方法でもたまにうまくいくことがあります。このあたりの違いがわかると極軸合わせのスキルもあがりそうです。

広沢田代 やまかわ

2018/05/04 (Fri) 14:19:10
*.ttv.ne.jp

続編ですが こちらは銀河が北北東方向に落ち込む部分です。

カシオペアが確認できると思います。左端にポラリス、右上に夏の大三角でしょうね。デネブの付近にある赤く淡い天体は星雲でしょうか? 北アメリカ星雲?。

針葉樹の合間には池塘が写っています。広沢田代を暗いうちに下るのは危険です。撮影後、明るくなるのを待って降りました。

夏の天の川 pulsar  URL

2018/05/04 (Fri) 20:26:18
*.dion.ne.jp

左端が北極星、その下にカシオペア座、天の川を辿ると夏の大三角で左側がこと座、真ん中がはくちょう座、右側がわし座、デネブ付近はたぶん北アメリカ星雲でしょう。

北アメリカ星雲はノーマルのデジカメでも比較的良く写るようです、5月12日は天気が良ければはくちょう座やこと座を撮影したいです。

Re: 広沢田代 やまかわ

2018/05/05 (Sat) 10:25:55
*.ttv.ne.jp

北アメリカ星雲ですね。確かにアメリカ大陸の形に見えます。フィルム撮影でしょうか?。これだけ撮れていれば重ねて今撮らなくても・・・と思ってしまいますが。

ツールが違うとまた挑戦したくなるものでしょうか?。

固定撮影でもある程度撮れそうですね。

Re: 広沢田代 pulsar URL

2018/05/05 (Sat) 13:37:35
*.dion.ne.jp

以前のフィルム撮影です、デジタルでもトライしたいです。

今の山川さんのお持ちのデジタル機材であれば簡単ですよ、ガイドした方が暗い星が写ります。

ガイド鏡 pulsar  URL

2018/05/04 (Fri) 08:18:36
*.dion.ne.jp

以前からの天体写真撮影時のスタイルです。

左側の望遠レンズは変わりましたが、撮影したい方向にある適当な星を自動追尾してFC-50(400mmF8)にK9mmで2倍バーローレンズで約90倍程度でガイドのズレをチャックします。短い露出であれば赤経赤緯のズレはコントローラーで画面中心に微調整してそのまま撮影は終わりです。

Re: ガイド鏡 やまかわ

2018/05/04 (Fri) 08:41:34
*.ttv.ne.jp

コントローラーはPC制御でしょうか?

Re: ガイド鏡 pulsar  URL

2018/05/04 (Fri) 09:31:37
*.dion.ne.jp

>コントローラーはPC制御でしょうか?

今は発売していない三鷹のGN-170でPC制御ではありません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.